蛇口に関わる水のトラブルの防止法と解決策

キッチンなど流し台がある場所は、料理や洗い物をするために頻繁に使用するので、蛇口に関わる水のトラブルが起きると、家庭に大きな影響を及ぼします。蛇口には種類がありますので、それぞれを理解した上で、正しい対処の仕方を知りましょう。

■主なトラブル

蛇口に関わるトラブルには、水漏れが代表的なものとして挙げられます。これはパッキンの劣化や破損が原因で起きます。場合によっては、蛇口そのものの交換が必要となります。
長年使用しているとハンドルが外れたり、重たくなることがあります。こういった場合も該当部分の交換することで対処できます。蛇口 交換のタイミングですが、故障してからというのはおすすめしません。水回りのトラブルは早めの対処が必要ですので、少しでも異変を感じたらすぐに対処することが大事です。

■蛇口の種類を知り、自分で交換する

蛇口には、大きく分けて2種類のタイプがあります。一つは壁に取り付けられているタイプです。風呂場などにこのタイプが多く見受けられます。もう一つは、シンクなどの台に取り付けられているタイプです。さらに、台に付いているものには、取り付け穴が1つのワンホールタイプと、2つのツーホールタイプがあります。
蛇口を交換する際には、まずこの2つの種類があるという大前提を理解して、自分が使用しているものはどちらかを確認し、購入するという流れになります。ホームセンターや通販でも簡単に購入することができます。

■まとめ
蛇口に関する水のトラブルは自分で対処することもできますが、交換しようとしても取り付けられなかったとなれば費用面でも大きな無駄となってしまいます。リーズナブルで確実な作業を望むのであれば、業者に依頼することです。購入から取り付けまでの作業のほか、お客が用意した蛇口の取り付け作業だけ行うこともできます。
繊細な作業はやり方を誤ると後々のトラブルを引き起こすリスクもあるので、困ったことが起こったら相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ